【英検1級ホルダーが語る】英単語を1ヶ月で2000語覚える勉強法

こんにちは、ガルシアです。

  • 英単語がなかなか覚えられなくて困っている。
  • なるべく少ない労力で英単語をたくさん覚えたい。

こんな悩みを解決する記事を書きました。

 

この記事で紹介する1ヶ月で英単語を2000語覚える勉強法を実践すれば、誰でも1ヶ月で2000語覚えられます。なぜなら、僕もこの記事で紹介している勉強法で12000語の英単語を半年で覚えたからです。

 

それでは参りましょう。

【英単語の勉強法を紹介する前に】人間は忘れる生き物

英単語を覚える前に、人と言うのは忘れる生き物であることを自覚しなければなりません。なぜなら、忘れることを前提に勉強をしないと、できもしない暗記計画を立ててしまうからです。

 

下の表を見てください。エビングハウスの忘却曲線と言われる有名な曲線です。

一度新しいことを覚えると20分後には既に半分以上のことを忘れています。何も手を打たなかったら24時間後には実に覚えたことの7割は忘れているんです。

 

この事実を知らないと、1日で英単語を1000語覚えるなどできもしない勉強計画を立ててしまいます。まずはエビングハウスの忘却曲線を頭に入れましょう。

英単語を1ヶ月で2000語覚える勉強法

一日の流れを言います。

  1. 朝起きて、200語目を通す(流し読みでいいです。覚えようとしないで下さい)
  2. 夜、帰宅後。朝勉強した200語を復習(この時点でも覚えようとしないこと)
  3. 翌朝、前日勉強した200語を復習+新たに200語を勉強

これを10日やったら2000語に到達します。

そしたらまた最初に戻ってください。1ヶ月で3周できます。

 

朝200語英単語を読む

ねこやん

朝200語ってハードちゃうか?。心折れるぞ

冒頭にも書いたように、流し読みで結構です。と言うか、覚えようとしないで下さい。

「ふーん、この単語はこういう意味なのかあー。へえー。」くらいで十分です。

後にも説明しますが、どれだけ気合を入れようとも人は忘れます。

何度も言いますが、流し読みでいいです。

それなら、200語と言えども朝30分くらいでできます。

帰宅後、朝の英単語200語を勉強

これも、流し読みでいいです。

やってみたらわかりますが、絶望的なまでに覚えていないはずです。

ですが、それでかまいません。「朝覚えたはずの単語なのに忘れてる!」って感覚が脳の記憶において凄く重要なんです。

できれば、この復習は寝る2時間前くらいにやって下さい。

 

翌朝、前日の英単語を200語を復習+新しく200語勉強

前日の200語を復習します。このときには、そこそこの単語が分かるのではないでしょうか。

例文を読む苦痛も少し和らいだはずです。

これに加えて新たに200語を流し読みしてください。朝1時間くらいあればできます。

もし、まとまった時間が取れなければ、通勤通学の時間も活用しましょう。

 

英単語の勉強を朝と晩に絞る理由

時間を空けずに、復習するのはあまり意味がありません。

レミニセンス効果と言って、時間をある程度時間をあけたほうが記憶に残ると脳科学で証明されています。

また、忙しい現代人は朝と晩くらいしか時間が取れないでしょうから、朝晩に絞りました。

睡眠中に記憶が定着する。

これも脳科学の分野で解明されていることです。

睡眠中は外部からの刺激が寸断されているので、脳がその日記憶したことを高速で処理するそうです。(この処理の副産物が夢)

その際に、脳が短期記憶から長期記憶への移行作業をするので、記憶に残りやすくなるんです。

逆に言えば、徹夜で勉強は記憶学習において害悪になります。

よく根性論をかざして徹夜で勉強しろと言うボケみたいなおっさんがいますが、やめて下さい。

徹夜をすると、脳が記憶処理をするプロセスが丸々抜けてしまいます。

 

自分の目標に合った単語数を覚えよう。

全ての人が12000語(レベルに到達すべきだなんて思っていません。

大切なのは、自分が目標とするレベルの単語を確実にマスターすること。

それを最短で達成するために、ぜひこの勉強法を活用してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です